注目アイテムをPick Up!!

ストレスで生理こない理由を図解で詳しく知っておこう

      2016/03/23

イライラしている女性

ストレスは生理がこない事の大きな要因です。

現代の生活において、生理不順の原因として最も多いのが『ストレス』。

Sponsored Link ミュゼ

ストレスが女性ホルモンを少なくする

女性ホルモンを分泌せよ、と命令している器官は脳にあります。その脳にストレスがかかるとうまくホルモンが分泌されなくなってしまうのです。

具体的に言うと、脳の視床下部から脳下垂体に命令が出て、女性ホルモンが分泌される、という仕組みになっています。

視床下部は、血液中に含まれるホルモンの量をつねにチェックし、必要な時期を見はからって、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。
この指令を受けて、脳下垂体は性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)を分泌し、卵巣にホルモンを分泌するよう命令します。
視床下部が女性ホルモンを分泌させるように命令する

引用元http://www.sofy.jp/

この視床下部という脳の部分は、自律神経の重要な部分。ストレスを受けた時にも使われる器官なのです。

ストレスを受けると脳の底部にある進化的に古い視床下部が反応して、下垂体と副腎からのホルモン分泌が促進され、心拍数の増加、血圧の上昇、食欲の低下などが生じると理解されています。

引用元ストレスと脳|生物学科|東邦大学理学部http://www.sci.toho-u.ac.jp/

つまり、視床下部はとっても働き者!

ストレスにも対応しないといけないし、女性ホルモンの命令も下さないといけない。
ストレスが過度に加わるとこのバランスが崩れ、ホルモンがスムーズに分泌されなくなってしまいます。

女性ホルモンが少ないとどうなるか

女性ホルモン減少→排卵が遅れる→生理こない!

という流れに。

十分な量のホルモンがたまるまで排卵はされません。ホルモンが少ないと排卵されるまでに時間がかかり、結果、生理が遅れるということになります。

生理の有無をアプリや手帳などで記録している方は多いと思いますが、記録していると「排卵日はこの日~この日辺り」というのが分かりますよね。しかし、必ずしも予想通りにはいかないのです。
排卵日は生理開始日から約2週間後と言われたりしますが、あくまでこれは理想とされる生理周期が28日で安定している時のこと。

安定した周期での排卵にするためには、ストレスを溜めこまないようにすることが最も大切です。

生理こないし、一週間経って検査しても陰性……という人は多い
予定日を過ぎても生理がこないまま一週間以上経過してしまった時、非常に不安になりますよね。妊娠かも!?と思って妊娠検査薬で検査してみても、結果は陰性。 検査薬がまだ反応しないだけかも・・・ 陽性に変わる…

 -