女子力を高めるためのコンテンツを配信中♪

女子力アップ大作戦

注目アイテムをPick Up!!

乾燥肌に良いと言われるセラミドとヒアルロン酸の違いって?

更新日:

water03

乾燥肌の人がスキンケアを選ぶ時にはセラミドやヒアルロン酸が配合されている化粧品がおすすめです。しかし、セラミドとヒアルロン酸、どちらも乾燥肌に良いと言われていますが、実際にはどういう風に違うのかを知らない人の方が多いのではないでしょうか。

Sponsored Link ミュゼ

乾燥肌に良い成分セラミドとは?

人間の肌は真皮と表皮に分かれていて、その表皮の一番外側にある角質層に含まれているのがセラミドです。

ブロックのようになっている細胞と細胞を接着剤のようにくっつけて、外部の刺激から守ったり肌の内側の水分が蒸発してしまうのを防ぐ効果があります。

ヒトの体内にあるものと同じ構造をしているヒト型セラミドが化粧品に多く配合されています。

⇒ヒト型セラミド配合の化粧品

ヒアルロン酸も乾燥肌に良い?

ヒアルロン酸は肌だけではなく眼球や脳、関節などにも含まれている成分で、細胞と細胞の間で水分を蓄え、クッションのような働きをします。

1gのヒアルロン酸は6リットルもの水分を保持できると言われているほど保湿力が高いものです。

しかしヒアルロン酸は分子が大きいため、化粧品などで外部から肌に与えても肌の内部までは浸透しません。

そのため、分子が小さく肌に浸透しやすくなっている低分子ヒアルロン酸が配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

セラミドもヒアルロン酸も加齢とともに減ってしまいます。乾燥肌を改善するためにはその性質に合わせて選択するようにしましょう。

-

Copyright© 女子力アップ大作戦 , 2017 All Rights Reserved.