女子力を高めるためのコンテンツを配信中♪

女子力アップ大作戦

注目アイテムをPick Up!!

皮膚(顔)が弱い原因は外的要因と内的要因に分けられる

更新日:

beauty_girl02

肌トラブルが起きやすく、困っているという人は多いようです。肌質には個人差があり、肌が弱い人と、多少の刺激はものともしない人とがいます。
皮膚の状態が人によって違う原因は何でしょう。皮膚のコンディションを左右するものとしては、外的な要因と、内的な要因があります。

Sponsored Link ミュゼ

皮膚が弱い外的な原因

外的な要因とは、お肌の外側から与える影響のことです。

紫外線の照射や、空気の乾燥、そして洗顔やスキンケアも外的な要因に含まれます。

例えば、日焼けした後に肌が赤くなって黒くなる人と黒くならない人がいるように紫外線のダメージを蓄積してしまう人とそうでない人がいます。人によって外的刺激の影響度合いは違います。

紫外線や乾燥は肌に悪い影響を与え、適切な洗顔ケアや、スキンケアは肌をみずみずしく、美しい状態に保ちます。

皮膚が弱い内的な原因

内的な要因とは、体の内部から皮膚へともたらされる影響のことです。

肌が弱い人は、何らかの原因が内部にある可能性があります。

不摂生な生活や、栄養バランスの偏った食生活、そして精神的なストレスもお肌に影響を与えます。

外的な要因と違って、直接的な因果関係を見出すことが難しいものですが、人間の皮膚は体内でつくられていますので、大もととなっている身体の状態でよいかどうかは、皮膚の状態に深く関係しているのです。

健康的な生活をおくり、体にいいものを食べることは、紫外線からお肌を守り、保湿クリームでしっかり肌をケアすることと、同じくらい重要なことといえます。

-

Copyright© 女子力アップ大作戦 , 2017 All Rights Reserved.