注目アイテムをPick Up!!

乾燥性敏感肌とは?

      2016/03/15

nayamu

乾燥性敏感肌とはどんな肌状態のことをいうのでしょう?その症状は、かぶれや痒み、赤み、吹き出物、かさかさで皮がむけるなど辛いものです。乾燥性敏感肌は紫外線を少し浴びても肌荒れにつながってしまいます。

Sponsored Link ミュゼ

乾燥性敏感肌とは?

乾燥性敏感肌とは、肌の乾燥によって皮膚を刺激から守るバリア機能が低下することが原因で発症する敏感肌のことで、乾燥性敏感肌になると、アトピー性皮膚炎のような皮膚の炎症やかゆみ、湿疹、大人ニキビなどの肌トラブルに見舞われやすくなるので、早急な対策が必要となります。

人間の皮膚は、ホコリやダニなどのハウスダスト、紫外線、皮膚の摩擦、雑菌といった外部の刺激から皮膚を保護するとともに、皮膚内部の水分保持を担うバリア機能が備わっています。

バリア機能の低下で乾燥性敏感肌へ

このバリア機能は、主に皮膚の上皮にある細胞の集まりである角質層が担っており、角質層の水分保持がうまくいっているときには正常に機能しています。

ところが、加齢や偏った食生活、ストレスなどの影響で皮膚の代謝機能の低下が起こると、角質層で潤いを保つ役割を担うセラミドやNMF(天然保湿因子)が減少するため、外部の刺激から守るバリア機能が極度に低下してしまいます。すると、外部の刺激がダイレクトに皮膚内部に伝わってしまう敏感肌の状態になるというわけです。

このように、乾燥性敏感肌とは、主に角質層の水分保持機能の低下によってバリア機能が失われることが原因で生じる敏感肌なので、毎日の生活習慣を見直して改善を進めるとともに、角質層の水分保持機能の低下を補うスキンケア化粧品を活用してバリア機能を回復させることが有効といえます。

 -